Global Site Tag(gtag.js)

BLOG ブログ

HOME // ブログ // トリートメントの【つけておく最適な時間と量】って??

CATEGORY


ブログ 美容室グリーングラスふじみ野店

トリートメントの【つけておく最適な時間と量】って??

女性の皆さまは普段、

お風呂に入ってトリートメントを付けられる方は多いかと思います。

 



 

トリートメントは、つけてから

 

「少し時間を置いた方がいい」

 

というのは、ご存じかと思います。

そして、普段何気なく付けている

 

「トリートメントの量」

 

これも、気になるところですね。

 

トリートメントの時間と量って、いざ聞かれると

結構わからなかったりしますよね。

 

この素朴な疑問に、少しお答えします(^^)

目次

トリートメントの【ちょうどいい時間と量】の解説

トリートメントの【ちょうどいい時間】と美容室のトリートメントとの違い

トリートメント

結論から言うと
「5分~10分」おいて頂ければ
それ以上の効果はありません。

トリートメントはつけてから長時間おきても意味がありません。
それどころか、ロングの方で髪を上にまとめている状態が続くと
トリートメントの必要不可欠の成分の一つでもある「油分」が
頭皮についてしまって、悪影響がでてしまう可能性があります。

それは、髪のダメージ補修として
髪の損傷部分から失われたものを、キューティクルの間や髪の損傷部分から
トリートメントの有効成分は、髪の中に入っていくのです。

入り口が大きいダメージしている髪ほど、入っていく時間は短くなってきます。
入り口が小さい健康な髪ほど、入っていく時間は短くなります。

市販されている一般のトリートメントと
美容室でするのトリートメント違いはここにあります。

ダメージした入り口が大きい髪に、
まず小さな大きさの分子量の高ケラチンタンパク質をメインに入れて
次に大きな分子のケラチンタンパク質を入れて、最後に髪の外側をコートします。

小さなものが大きな入り口から出ていきづらく
且つ、有効成分を内部にとどめる。

なので、髪にダメージを感じる方は
美容室でシステムトリートメントをして、
システムトリートメントの週一回の集中けあの「ホームケア」を使われるのが有効です。

なので、お家のトリートメントは
肌の「化粧水」感覚で使ってもらえたらいいかと思います。

トリートメントの【ちょうどいい量】と【つけ方】

トリートメント

理想のイメージは、
一本一本の髪をトリートメントです。

肩より上の髪の長さの方は、500円玉くらいの量(ポンプだとワンプッシュ)
肩より下の長さで、肩甲骨位で、500円玉2個分(ツープッシュ)

を目安にして頂けたらいいかと思います。

トリートメントの目役の量を、毛先中心でつけて頂いたら
目の粗いくしで、髪をとかしてあげると仕上がりに有効的である感じています。

誰でもできるトリートメントの有効的なつけ方も
「捻じり込み」「擦り込み」といったものがありますが
次回の動画付きのブログで説明したいと思います(^^)

そして、5分~10分時間をおいて
ぬめりを少し残すイメージで流す。
流し過ぎないようにご注意ください。

昨今では
お風呂事情も、色々ありさまざまな状況だと思いますので
そんな悠長なこと言ってられない!

これは、本当に多いご意見だと思います。

しかし、そんな自分を大切にする時間を作って
お家での普段しているトリートメントのつけ方・流し方を変えるだけで
幸せな気持ちになれるはずです。

【株式会社A round match】

系列店
■マツエクサロンsignpost志木店
〒353-0004
住所:埼玉県志木市本町5-25-9 三上ビル2F
TEL:048-475-9682

■マツエクサロンsignpostふじみ野店
〒356-0057
住所:埼玉県ふじみ野市市沢1-7-12
TEL:049-293-9892


■美容室グリーングラスふじみ野店
〒356-0057
住所:埼玉県ふじみ野市市沢3-4-24
TEL:049-293-4110

" target="_blank">【簡単ヘアアレンジ】のYouTubeチャンネルはこちら

SHARE
シェアする

ブログ一覧