マツエクコラム column

パリジェンヌ ラッシュリフト【仕組みとメリット・デメリット】

パリジェンヌ ラッシュリフト【仕組みとメリット・デメリット】

について

パリジェンヌ ラッシュリフトって?

「パリジェンヌ ラッシュリフトって、まつ毛パーマと何が違うの?」
「パリジェンヌ ラッシュリフトって、どんなデメリットがあるんだろう…」
「私にパリジェンヌ ラッシュリフトが合うのか知りたい!」

話題となっているパリジェンヌ ラッシュリフトですが、どのようなデメリットがあるのでしょうか?

また、どのような方と相性が良いメニューなのでしょう?

パリジェンヌ ラッシュリフト【仕組みとメリット・デメリット】

パリジェンヌ ラッシュリフト【仕組みとメリット・デメリット】

根元からしっかり立ちあげる事が可能で、マツエクが付けられることが特徴として話題のパリジェンヌ ラッシュリフトはどのようなデメリットがあるのでしょう。パリジェンヌ ラッシュリフトのデメリットを理解して頂く為には、パリジェンヌ ラッシュリフトが、どのような薬剤を使用して、どのような仕組みなのかを知る必要があります。美容師歴20年の経験の中で得たと知識と経験を基に、それらの説明とパリジェンヌ ラッシュリフトのデメリットをご紹介させて頂きます。

パリジェンヌ ラッシュリフトとは

パリジェンヌ ラッシュリフトとは

パリジェンヌ ラッシュリフトは、まつ毛パーマです。

根元から80度立ち上げ、毛先にゆるいナチュラルカールがあるまつ毛にすることができる次世代のまつ毛パーマ。

パリジェンヌ ラッシュリフトが、まつ毛パーマと同じと言える2つの理由

パリジェンヌ ラッシュリフトが、まつ毛パーマと同じだと言う2つの理由

  • 従来の薬剤より優しく痛みづらい
  • パリジェンヌ ラッシュリフトは、毛先にカールは付けないで根元を80度立ち上げる技術
  • まつ毛パーマは、毛先までくるっとカールがしっかりかかる

このようなスローガンが走っていますが、パリジェンヌ ラッシュリフトがまつ毛パーマとは違い特殊なものと誤解をしてしまう恐れがあります。パリジェンヌ ラッシュリフトが、まつ毛パーマと同じだと言う2つの理由をご紹介します。

【理由1】シスチン結合

まつ毛や毛髪の形状の形を変え形状記憶させる方法は、毛髪内部の「水素結合」「イオン結合」「シスチン結合」「ペプチド結合」の4つの結合の「シスチン結合」を、アルカリの還元剤によって一度切り離し、還元剤により再結合させること以外は存在しないからです。まつ毛パーマやヘアスタイルのパーマスタイルのように、パリジェンヌ ラッシュリフトも大きなロットを使用し毛先にはカールを出さないように、80度立ちあがるように根元からしっかりパーマをかける技術となります。

まつ毛パーマの【メリット・デメリット】

【理由2】 医薬部外品の薬剤

まつ毛にカールをかける為の薬剤の種類は「化粧品登録」「医薬部外品」の2種類です。

「薬剤成分」

化粧品登録
システアミン・スピエラ・チオグリセリンetc
医薬部外品
チオグリコール酸・モノエタノールアミン・エチルアルコールetc

「化粧品登録の薬剤となる基準」

チオグリコール酸が2%未満(※その他、省略)

医薬部外品のまつ毛パーマの薬剤は、基準をクリアしてまつ毛や毛髪に対して極めて優しい作りになっており、同じ医薬部外品であれば製造メーカーは違えど高い技術を持つアイリストが正しい技術を施す事で、ダメージでの大きな違いを与える事は考えにくくなります。医薬部外品以外で、まつ毛や毛髪に対してカールをかけられる薬剤成分の存在は確認できません。

「医薬部外品」の薬剤と比べるとダメージも少なくなると言えますが、現在では美容登録されたサロンの多くは医薬部外品の薬剤を使用しており、医薬部外品を使用しているサロンは、ごく一部を除いては使用はしていないでしょう。

「まつ毛パーマ」と「まつ毛カール」違い~そこに違いはあった~

パリジェンヌ ラッシュリフトの仕組み

パリジェンヌ ラッシュリフトの仕組み

まつ毛の長さ対して、円周率の大きめのロットで、下に向かって生えるまつ毛を根元から立ち上げます。円周率が、まつ毛の長さに対して大きいので、根元は立ち上がり、毛先のまつ毛のカールは必然的に弱く緩やかなものとなります。結果的に、まつ毛のカールをゆるくする事で、根元に立ち上がりを持たせ、パリジェンヌ ラッシュリフトはマツエクの装着を可能とします。

カールが強いと、まつ毛とエクステの健全な接着面を確保できなくなり極めてマツエクの持ちが悪くエクステの進入角度にも無理があり正常な位置で固定が出来ない為、マツエクにバラつきを生み仕上がりが美しいとは言えるものではなくなり、まつ毛を土台にエクステを付けてデザインしていくマツエクにとって、土台となるまつ毛にカールがかかっていることで、とても不安定な状態にエクステを付ける事になってしまいます。

カールも、強く残っているまつ毛、カールが取れて3つしまっているまつ毛、パーマがかけられなかった短い産毛などカールがバラついている状態の中でマツエクでのデザインは満足できるものではなくなってしまいます。下まつげの方も、同様の条件となり、カールが強く残っているまつ毛には、エクステは付ける事が出来ないので、カールが弱くなっている部分につけてもデザインのバラつきは防ぐことは出来なくなってしまいます。

また、正常な位置で固定出来ないマツエクは、まつ毛に過剰な負担に繋がります。健全な接着面・正常な固定の位置でないと言うことは『取れかけたマツエク』と同じ状態を意味します。取れかけのマツエクは、タオルや枕などの繊維物質に引っ掛かりやすく物理的なダメージを引き起こしやすくなってしまいます。

施術のレベル・薬剤レベル・施術期間にもよりますが、少なからずまつ毛パーマの薬剤でキューティクルを開いてカールを付けていますので、そこに取れやすい無理な状態でマツエクを付ける事は大きなデメリットと言えるでしょう。

まつ毛パーマの施術後【マツエクをする最適な期間】

パリジェンヌ ラッシュリフトのメリット

パリジェンヌ ラッシュリフトのメリット

  • まつ毛のカールが弱いので、マツエクを装着することが可能
  • マツエクでの立ち上がりの弱さを改善できる
  • まつ毛が短い方でも、マツエクの装着で長さを出せる

パリジェンヌ ラッシュリフトのデメリット

パリジェンヌ ラッシュリフトのデメリット

  • カールをかけた直後にマツエクを付けられない
  • マツエクが取れやすい
  • まつ毛のカールが取れやすい
  • 料金が高い

まとめ

まとめ

パリジェンヌ ラッシュリフトは、とても人気のメニューとなっています。それは、様々なサロンやアイリストが長所を生かして技術に取り組んでいるからに違いありません。大きなストロングポイントを持っている反面で、大きなデメリットも存在します。まつ毛やマツエクのデザインに関してわからない事や不安に感じる時は、アイリストに相談するのが1番です。お客さまの不安が解消された時に見せてくれる笑顔を見られることは、アイリストにとっても幸せな事です。

皆さまの毎日の生活が、より笑顔の多い毎日になるように願っております。

笑顔の多いライフスタイルの『良き一部に』なれるよう、日々精進します。

マツエクサロン一覧salon

サインポスト池袋東口店

サインポスト池袋東口店

住所
東京都豊島区南池袋2-27-1村田ビル4F
電話
03-5950-1033
営業時間
9:00-19:00
最寄り駅
JR「池袋駅東口」徒歩4分
有楽町線「東池袋駅」徒歩5分

サインポスト志木店

サインポスト志木店

住所
埼玉県志木市本町5-25-9 三上ビル2F・3F
電話
048-475-9682
営業時間
9:00-19:00
最寄り駅
東武東上線「志木駅東口」徒歩2分

サインポストふじみ野店

サインポストふじみ野店

住所
埼玉県ふじみ野市市沢1-7-12
電話
049-293-9892
営業時間
9:00-19:00
最寄り駅
東武東上線「ふじみ野駅」徒歩8分
「鶴瀬駅」車で10分
「上福岡駅」車で15分

代表取締役 竹山 実takeyama

代表取締役 竹山実 ご挨拶

お客さま一人ひとり、スタッフ一人ひとりが笑顔の多い毎日となる生活の《良き一部に》なる会社を目指しています。

ご来店していただくお客さまにとっても働いてくれるスタッフにとっても笑顔の多い毎日になるように会社を運営して参ります。

僕の夢は、30のグループ店舗をつくり美容業界の社会的地位の向上を成し遂げることです。

日々の感謝の気持ちを大切に「心のある会社となり、人が心豊かになる」良き社会の一部となり、社会貢献をしていきます。

株式会社A round match 竹山 実

竹山 実 プロフィールを見る